Single Life-9

きのう、kei さんの初盆法要を、四天王寺でして頂きました。

お盆は法要をされる方が多く、待ち時間が長いのと、お墓参りをするための移動。

暑かったですが、娘と「四天王寺さんにお願いして良かったね」と言いながら、歩きました。

その後の食事も美味しく頂き、子供たち家族は、家の仏壇にお参りして帰宅。

残された者は、時間を重ねながら、少しづつ受け入れていくのでしょうね。

私の母は、私が中学2年の時に亡くなりました。

その時父が「去る者は日々に疎し」と言っていたのを思い出します。

その時には、なぜそんな事を言うんだろうかと、悲しく感じましたが、父から娘への慰めだったんだと、後々思えるようになったのを、思い出しました。

その父も私が33才の時、享年86才で亡くなりました。その時はさびしくてさびしくて・・・

でも、子育てに日々忙しくて、それが救いになりました。

いろいろと考えたお盆でした。

***************************************************************************

甲状腺検査、エコーと生検をして、良性腫瘍で経過観察・・・でした。

***************************************************************************

パソコンの調子が悪くて、コメントのお返事が出来ていません。

申し訳ありません。

Single Life-8

前回の投稿から半年が過ぎてしまいました。

7月14日に、keiさんの一周忌法要を四天王寺でして頂きました。

7月に入ってから、前にも増して「去年の今日は・・・」と思い出す事が多かったです。

もう1年。

まだ1年。

人により、思い方が違うなぁと感じます。

***************************************************************************

仲間との集まりには、出来るだけ参加して、元気をもらっていました。

keiさんが病気になってから疎遠になっていた私の兄姉と、仲間のすすめもあり、実家にお参りという形で会いました。(keiさんの話はしなで下さいと事前にお願いして・・・今更なにも話したくないので)

父親が亡くなってから(昭和57年12月享年86才)、実家のお墓の管理費を、姉と私で送金してきましたが、今後10年分を用意し、兄の了解を貰い甥にお願いしてきました。甥が気持ちよく引き継いでくれたので、嬉しかったです。小さな終活一つ出来ました^-^

何事もなかったかのように過ごす。これがお互いに大人の対応なんだと・・・

体調面では。通常通院月3回。1年に1度の眼科検診(アベリア角膜変性症)

今年2月に左顎が腫れて、かかりつけの耳鼻科通院。抗生剤服用。6月に又腫れたので受診・・・紹介状を書くので医大受診するようにとの指示で医大受診・・・抗生剤服用で腫れがひいてからCT検査・・・唾石は無し・・・甲状腺検査のためエコー検査の予約(血液をさらさらにする薬の服用中止)・・・で 20日にエコー検査・・・針を刺さなくてすみますようにと、今思っています^-^

***************************************************************************

まだ積極的に外出したくありません。出来ない?

1人が楽です。

そうそう、忘れていましたが、孫の誕生日会をして、母の日、日にちはずれましたが、娘と2人でランチ。CNBLUEのファンミとライブにも行きました。

楽しんでいる時も有ります^-^

出かけると後が疲れますが、予定は入れるようにしています。

これからは、keiさん関係の物の整理と、写真を撮る目的で出かける・・・ですね。

気楽な1人暮らしですから^-^

Single Life-7

年末年始と、娘達が来るのも断り、1人で静かに過ごしています。

外に出るのもいや、人に会うのもいや、そんな状態。

昨年、ブログサーフィンをしていて、ご主人を亡くされて、1人暮らしをされている方のブログに出合いました。亡くなってから5年の方、2~3年の方。

今でも気持ちが吹っ切れていらっしゃらない・・・現在の自分の気持ちと重ね合わせて、今月の14日で半年・・・まだ沈んでいてもいいんだと、妙に納得し、気持ちが楽になりました。

木彫りを習っていた時から、20数年間の付き合いのある仲間とは、1ケ月に数回集まって手仕事&おしゃべりをしているので、私の理解者です。

その仲間達は別にして、夫が亡くなってから、意外な気づきがありました。

連絡はとりあってはいましたが、高校時代の普通の友人(仲良しグループとは違う)が、心から気遣ってくれた事。

そんなに交流のなかった、夫の兄嫁(義兄は亡くなっています)・・・九州在の義姉が気遣ってくれた事。

近しく思っていた人々は気をつかって、そっとしてくれているのかもしれませんし、人それぞれに事情もあるでしょうから、一概には言えませんが、意外に薄情だなと感じています。

高校時代からの親友が2年間の闘病後、2008年に亡くなりました(家族の方のお気持ちで、最後を看取らせて頂きました)。その時に学習したのは、いくら心配していても、態度と言葉で表さないと、気持ちは伝わらないという事でした。

今回も、又いい勉強をさせてもらったなと、思っています。

私も自身で張り巡らしているバリヤーを、1枚づつ取り除いていき、まずは「外に出る事」から始めていこうと思っています・・・ゆっくりゆっくりと。

Single Life-6

今日、四天王寺で納骨総祭法要の回向をして頂き、納骨堂に仮安置されていたのが、納骨総祭塔に合祀されました。

後々の事を考え、いろいろ悩みましたが、無縁墓になる可能性が大きいので、新しくお墓を購入するのを止め合祀にしました。

今日の納骨総祭法要は壮厳なものでしたので、これで良かったと納得する事ができました。

49日に納骨した時に、永代供養をお願いしました。

毎月お参りに行くのは、今は無理かもしれませんが、お参りした時に、いつでもお経をあげて頂く事が出来るのも有難いです。

お寺にお参りする事・・・心身のリハビリになるように感じています。

Single Life-5

<記録>

18日の夜から左顎の下が腫れて痛いので、19日に耳鼻咽喉科受診。急性扁桃炎でした。抗生剤と解熱鎮痛剤を服用。23日の夜ぐらいから快方にむかい、24日には、腫れも痛みも治まりました。安静にしているのが1番だと言われたので、無理をせずに過ごしました。

25日は、予定通り亀岡のコスモス園に娘達と行き、久し振りに自然の中に居る心地良さを感じてきました。婿Yちゃんに感謝です。(車に乗っているだけで、目的地に行けるので楽々)

26日に、四天王寺で百ヶ日法要(21日が百ヶ日でしたが、寝込んでいましたので)

26日精神科受診日・・・しばらくは、気持ちがしんどい人との付き合いはさけて「ひきこもり」でいいから、心身の休養を優先するように・・・扁桃炎も体力が落ちているから・・・と言われました。

27日は仲間と万博自然公園の日本庭園に・・・(以前から決めていたので)・・・腰そして膝も痛いので、ゆっくり歩き&歩行時間も短め。遠慮なく体調に合わせてもらえるので参加。 ティータイムを長くしてもらい、いっぱい笑ってきました。

28日受診日・・・扁桃炎の事を伝えると(喉が痛くなかった?)本来なら扁桃腺が腫れ発熱するのに、体力が落ちていで喉で防ぐ力が無くて、リンパがはれたんでしよう、しばらくは用心して下さいと言われました・・・「ひきこもりしとき」と言われた医師の話が納得出来ました。

何とか現状から抜け出したくて、予定を入れていましたが、体がNOと言っているようです。

この後の予定はキャンセルして、ゆっくりしようと思っています。

Single Life-4

娘家族に誘われて、10月11日に京都丹波/亀岡『夢コスモス園』に行く予定でしたが、天気が悪いのと花情報で「4分咲き」だったので延期することにしました。

ここ数日、精神的にいつもに増して不調。

10日に、夫の最後の時以来大泣きしました。

以前住んでいた所から、歩いて1時間位のところにある休耕田のコスモス畑。

ここに引っ越しするまでの数年間、毎年夫と行っていた光景が頭の中に浮かんできたからかな?あんなに元気だった夫が、今はいないなんて。

咲き揃って風に揺れるコスモスの中に、私がしゃがんでいて、夫がそれを撮っている映像。

だんだんと「寂しい」と感じ始めました。夫は何処にもいないんだという現実を実感し始めたという感じでしょうか。

メンタルの医師からは、介護生活が長かったから、いろんな面で1年くらいはかかるよ、ゆっくりとしてていいと言われています。

娘家族も仲間も、私の気持ちを受け止めてくれているのに。

どうしても、ひとりや~って思ってしまいます。

自分を楽しませられるのは「自分」しかないと解ってはいるんですが・・・

来年の今頃は、Single Lifeを謳歌していると、書けたらいいなと思っています。

まずは、「外に出る」が目標。予定は作っているんですよ・・・

しんどくて行けなかってもええわ!と 思いながら。

Single Life-3

娘家族とランチ(ご馳走になりました)

敬老の日・・・喪中やからどうしよう?と娘からTELあり。

じいちゃんにお参りに来るで・・・ええんちゃう?と・・・ランチして、お供えのお花、お供えにおかき・どらやき・小玉スイカ、そしてかさばる日用品等々を買って帰宅。

(昨日は婿が仕事だったので、今日来てくれました。)

孫からじいちゃんと私に手紙のプレゼント。

じいちゃんのは仏壇に・・・そしてお参りしてくれました。

お寺が母体の幼稚園に3年間通園していたので、お参りする姿が様になっていて、なんとなく後姿がほほえましい。

夫が病気になる前、車でよく買い物に行っていた大型スーパー。

8年ぶりに行きました。私と娘が買い物をしている間、婿が孫を遊ばせてくれていたので、お喋りしながらゆっくりと店の中を見て回れました。

婿(Yちゃん)有難う!の、1日でした。

Single Lifeー2

今日は通院日でした。

台風の進路しだいで、行けるかどうか?だったので、昨晩タクシーを予約していましたが、私が出かける時には、少し陽がさしてきました。

医師からは「しんどいですね」と言われました。漢方の医師ですので、脈診・舌の上下・お腹の触診があります。脈診で「しんどいですね」と・・・

しんどいのを説明しても、理解してもらうのは難しいから、解って頂けるだけで、気持ちが楽になります。

夫が亡くなる前1ケ月間は、それまでにもまして、体も精神的にもきつかったし、葬儀後も手続き等で疲れがずっととれていませんでした。

49日と納骨で又疲れていました。そこに10月初旬に、九州で義母の13回忌・・・お知らせの葉書が届き、新幹線・ホテルなどを調べていたら、頭痛がひどくなりちょっと混乱してしまいました。

娘は理解者なので、今の時期(夫が亡くなって数カ月)やからやめときと、言ってくれましたが、義母の法要ですから、行かんとあかんと思っていました。

木彫りを習っていた時の仲間も、(20数年間の付き合い)私の体調や状態の理解者・・・やめときと言ってくれていました。

今日、医師も行くのは無理ですねと言われました。

今回は不義理させてもらおうと決めていましたが、医師の一言で、なんかすっきりしました。

受診後、お供えを決めて、送るよう手配し、お仏前の包みも買ってきました。

家の仏壇にお供えする、新鮮なお花とくだものが買えてよかった!。

くたくたになっで帰って来ました。

Single Life-1

今日8月31日は、keiさんの49日でした。

大阪・四天王寺で、49日法要をお願いして納骨してきました。

納骨総祭塔(合祀墓)に納骨で、11月1日の納骨総祭法要までは、納骨堂で仮安置されますので、お参りはそこでします。

永代供養もお願いしてきました。

京都・西本願寺や、比較的近いお寺の納骨堂等々も見て回って、たくさん悩んで決めました。

婿が仕事を休んでくれて、娘家族と一緒に行きました。

49日に納骨すると決めていましたが、その日が近づくとだんだん寂しい気持ちが出てきて、自分でも不思議な感覚になりました。

娘が納骨するのを延ばしたらと言ってくれましたが、婿がその予定で仕事の段取りをしてくれているし、納骨をして、気持ちの整理をするきっかけにしようと決心しました(大げさですが)

****************************************************************************

亡くなった後、年金とかこまごまと、たくさん手続きする事があり、暑い中出かけるのはきつかったです。手続きなどははやく済ませたい性格なので・・・そんなに急がなくてもと思いながら、電話をかけて手続きをしての日々を過ごしていました。

はやくしないと、切り替わるまでに時間がかかるので、結果としては正解でしたが・・・

娘と孫と一緒に仏壇屋さんを見て回って、小さな仏壇を購入。

疲れがピークになっていたのと、本人の生前の意志にそって、私たちと、大阪にいるkeiさんの弟夫婦・(婿の親)で家族葬でおくりましたので、九州のkei兄姉妹、私の兄姉、お伝えしないといけない方々に手紙を書きました。(自宅への焼香・香典・供花等は御拝辞させて頂く事を書き添えました)(家族葬でする事は、了解して頂いていました)(亡くなった時にはお知らせしています)

今考えると、しんどいけれど、動いて気を紛らわせていたというのが本音みたいです。

****************************************************************************

このブログと別に、写真中心のブログをしていますが(只今休眠状態ですが)そちらでは、日々の生活等は詳しく書いていませんので、このブログは忘備録みたいな感じで、思ったこと等を書いていこうと思っています。

今のところ引きこもり状態なので、更新はどうなるか?ですが。

自分の人生を自立して送りたいと思っています。

入院生活・38(終)

7月14日 午後10時20分に永眠しました。

12日から夜も付き添っていましたが、14日の朝、娘が交代するので帰宅してシャワーしてきてと、婿から預かった往復のタクシー代を渡し、半ば強引に帰宅させられました。

シャワーをして、着替えや私の食料を持って病院に戻った時には、そんなに変化がなくてほっとしました。

婿が夕方に、孫を連れて娘を迎えに来てくれ、keiさんの弟夫婦も偶然面会に来てくれました。

その時点では、それほど危機感は持っていなかったのですが・・・

午後7時頃から少し血圧が下がり始めました。

SPO2が下がり始めると、本当に短い時間で苦しまずに「スー」という感じで逝ってしまいました。

医師や看護師さん達から、処置をしてきれいにさせて頂きますので、病室を出ていて下さいと指示がありましたので、病室から離れたところで、夜間で他に誰もいなかったので、人生でこれ程泣いた事があっただろうかと思うくらい泣きました。

16日に葬儀を執り行い見送る事が出来て、私の役目が果たせた思いです。

胃ろうも気管切開もしないという本人の意志でしたが、在宅介護が出来なくなり、病院でお世話になったので、胃瘻造設はしましたが、嚥下機能低下で、口からの摂取が無理になるまで(今年の3月中旬)高カロリーゼリー食を食べていました。その間にも軽い誤嚥性肺炎に数回なりましたが、胃ろうからは点滴に入れられない薬と水分注入が主でした。

その後、誤嚥性肺炎になる・・・治る・・・胃ろうから栄養注入・・・誤嚥性肺炎になるの繰り返しでした。

同病の方々、介護されている方々、この病気は病名は同じでも、経過はお一人お一人違います。その事をお伝えして、keiさんの、多系統委縮症記録としてのブログは終わりたいと思います。

これからは、「その後」として、私のシングルライフ生活を綴っていけたらいいなと、思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・覚え書きとして 後日書きました ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<7月11日 土曜日>

病院から、少し状態がよくないと電話を貰ったので、娘に電話をしてすぐに、タクシーで病院に行きました。

午後、娘たちも来ました(婿が仕事の都合をつけて、送ってくれました)

血圧とSPO2も安定したので、私だけ残り、娘達は帰宅。

夜も付き添いたいと言いましたが、状態が落ち着いているので、帰宅して少しでも休んでくださいと、私の事を心配して下さったので、面会時間までいて帰宅。

<7月12日 日曜日>

朝8時過ぎに、病院から血圧が70になったので、血圧を上げる薬の点滴を始めましたと、電話がきましたので、娘に電話をし、タクシーで病院に向かいました。

私が着いた時にはもう娘たちは病室にいて、その時の血圧は80~90の間でした。

1時間くらいしてから、みんなが揃ったので、血圧を上げる点滴を止めていただくようお願いしました。午後には血圧も90台と落ち着いてきたので、娘たちには帰ってもらい、私は夜も付き添いたいとお願いし、医師からOKが出ました。

<7月13日 月曜日>

朝、孫が登校してから、娘が飲み物や食べる物を買って面会に来て、孫の帰宅時間に間に合う時間まで病室にいました。

娘が帰ってから、私が頼まなくても、歯ブラシセットや食べ物なんかを持ってきてくれたよ、娘の事は心配しなくていいよと、何度も夫に話しかけました。

<7月14日 火曜日>

朝、婿が娘を送ってくれてから仕事に行きました。

娘が私に帰宅しシャワーしといでと言うので、(婿から往復のタクシー代を預かっていた)娘が長時間、1人で付き添った事がなかったなと思い、娘に任せて家に帰りシャワーをして、着替えや家にあるトマトジュースや豆乳などを持って病院へ。

婿が、孫の下校時間に学校に迎えに行って、そのまま病院に来てくれました。

その時には数値は安定していたので、美味しいパン屋さんに、夕食・次の日の朝食にと買いに行ってくれたり・・・

夫の弟に状態を知らせていたので、偶然夫婦で面会に来てくれました。

みんなが帰った後、着替えやトマトジュース・豆乳などいっぱい持ってきたから、keiさんが納得するまで付き合うからねと、何度も言ったのに・・・

その夜逝ってしまいました。

«入院生活・37

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブックマーク

  • 股関節痛は怖くない!
    股関節専門「深圧」マッサージ、理学療法士松本先生のブログです。股関節痛にお悩みの方に、おすすめします。
無料ブログはココログ